オリンピックモデル

腕時計メーカーとして世界的にも人気のオメガは、4年に一度行われるオリンピックモデルとしての腕時計が登場します。オメガがオリンピックのオフィシャルタイムキーパーを務めてきた経緯からもその関係性が濃いイベントとなります。
オリンピックの計時で重要となるのは、コンマ何秒の世界の計測となりますが、1932年以降、オリンピック大会の開催に合わせて26回もオフィシャルタイムキーパーをオメガが務めています。2014年度は冬季にソチオリンピックが行われましたが、それに合わせて「シーマスタープラネットオーシャン」が2014本だけ限定して製造されています。
世界でたった2014本しか製造されないこともあり、希少価値が高いモデルとなり、多くの人が入手したい腕時計です。そして2016年度に開催されたリオオリンピックでも「スピードマスター マークII」、「シーマスター ブルヘッド」、「シーマスター ダイバー 300M」という三つのモデルが登場しました。
オリンピックを記念するオメガの腕時計の魅力は、値千金の価値を持つシンプルなデザインを追求した逸品です。それを手にした方はオリンピックの開催に合わせて製造されるため、製造年を容易に降り返ることに繋がる良さもあります。